MENU
成功法則をつかむまで » 私が読んだ成功の法則に関する本 » アファメーション

アファメーション

世界60か国、3,300万人がプログラムを受講している自己啓発プログラムの書籍「アファメーション」(著者ルー・タイス)について、本の概要や評判をまとめています。引き寄せの法則に関する書籍をお探しの方はぜひご参考ください。

「生きる伝説」と称されるルー・タイスの著書「アファメーション」

アファメーション_画像

画像引用元:アマゾン公式サイト
(https://www.amazon.co.jp/アファメーション-ルー・タイス/dp/4894514737)

アファメーションの著書であるルー・タイスはコーチングを立ち上げ、世界中の政治・ビジネス・スポーツ・芸術などの各分野のトップリーダーを育ててきた伝説の人物です。アメリカの自己啓発会では最高人物として崇められており、世界60か国で約3,300万人がルー・タイスのプログラムを履修してきました。

その中には、オリンピックの金メダリストやNASA、アメリカの国防省をはじめとする政府機関も。国際的に多大な影響を与えているプログラムです。

アファメーションは、そのルー・タイスが教える自己啓発プロフラム&成功法則プログラムで、「目標を達成するための手法」を体系化したもの。著書の中には自分で人生の主導権の握る方法について書かれています。

例えば、「~しなければ」と自分に言い聞かせるかわりに「自分はこれを選ぶ、これをやる」と考えて動く、新しい選択肢を見つける、挫折と痛みは一時的なものとみなす、リソースについて心配しない、というようなものです。

このようなアファメーションをすることで、「私は成功をするために、これをやるのだ」と思うことができ、行動を実践できるようになります。自己イメージを上げる技術が詰め込まれている本なので、自分の可能性を決めてしまいがちな人にはおすすめの一冊です。

管理人が学んだ成功法則はこちら>>

アファメーションを読んだ方の感想

人間は常に周りの人からの影響に左右されていて、自分のための最適な選択ができないものです。この本には、他人に今日の自分を決めさせない、自分の思いや感情を把握することの大切さが書かれていて共感できる部分がたくさんありました。

自己啓発ではなく、夢を叶える方法が具体的に書かれています。とても読みやすく、課題の指摘と解決法を明確に説明。私にとっては人生の教科書です。この先、ずっと繰り返し読んでいきたいし、我が子にも成長したら必ず読ませたいと思います。

共感したのは「私たちは本当の真実ではなく、自分が信じる「真実」を行動する」ということです。「私って不器用だから」という人はその通りに行動してしまいます。なるほど!と思うことが多く、あっという間に読破してしまいました。

ひとつひとつの行動について、どんな効果があるのか、どう影響するのかを理論的に解説してくれています。自分の潜在意識を変えたい人におすすめしたいです。

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.