MENU
成功法則をつかむまで » 私が読んだ成功の法則に関する本 » コンフォートゾーンの作り方

コンフォートゾーンの作り方

脳科学の権威である苫米地英人氏とコーチング第一人者のルー・タイス氏が監修したTPIEプログラムをもとに書かれた著書「コンフォートゾーンの作り方」の概要と本を読んだ方の感想をご紹介します。

超人気講座TPIEプログラムのエッセンスを凝縮した名著

コンフォートゾーンの作り方

画像引用元:アマゾン公式サイト
(https://www.amazon.co.jp/コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】†図解TPIEプログラム†-苫米地英人/dp/4894514133)

「コンフォートゾーンの作り方」は、認知科学者の苫米地英人氏とコーチング第一人者のルー・タイス氏が監修したTPIEプログラムの一部で、自分が望むコンフォートゾーンを手に入れる方法を解説した本です。

コンフォートゾーンとは心理学と脳科学の用語で、現状を維持しようとする脳と心のメカニズムのことを指します。例えば、今の年収が500万円の人はコンフォートゾーンが500万円のところにあり、その状態のままだと年収1億円のチャンスが来ても気づかないのです。このように、私たち人間は、無意識のうちに職業や収入、人間関係などのすべてがコンフォートゾーンのなかで行われています。脳と心は変化を嫌うのが特徴的。例えば「痩せたい」と思ってもそのコンフォートゾーンの外側に出る行為となるため、無意識のうちに脳が「いつもと同じように食べて安心させて」というシグナルを送ってしまうのです。

本書にはコンフォートゾーンを意識し、新たなコンフォートゾーンを作ることで劇的に自分を変えるための考え方が書かれています。身体に染みついてしまった習慣を断ち切りたい人や自分を変えたい人は、実践してみてはいかがでしょうか。

管理人が学んだ成功法則はこちら>>

コンフォートゾーンの作り方を読んだ方の感想

苫米地氏の本はほかにも読みましたが、これが一番読みやすく内容も分かりやすかったです。ゴール設定の手順が書かれていて、夢を持つことの意味がわかりました。高い目標設定をして新しいコンフォートゾーンを作りたいと思います。

今まで色々な引き寄せの法則系の本や自己啓発本を読みましたが、「~~しなさい」とは書かれていても、「なぜ?」という理由づけについては触れられていないものが多く、腑に落ちないものもありました。でも、この本は疑問に科学的な観点でしっかり答えてくれるので実践しようという気持ちになります。

「まずは親を超えなさい」の要約という声もありますが、とても分かりやすく参考になる部分がたくさんありました。図解もついていて視覚的に理解できますし、苫米地氏の本をはじめて読む人にはおすすめです。

科学的根拠に基づく明解な説明と、問題解決のための具体的な方法が非常に分かりやすく、実践に移しやすかったです。新たな希望とやる気が自然に湧き出てきます。

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.