MENU
成功法則をつかむまで » 私が読んだ成功の法則に関する本 » 眠りながら成功する

眠りながら成功する

自分の夢や願望を我慢している人におすすめの一冊、ジョセフ・マーフィー著書「眠りながら成功する」について、本の概要と読んだ人の感想をまとめました。

自分のやりたいことを我慢している人におすすめしたい一冊

眠りながら成功する

画像引用元:アマゾン公式サイト
(https://www.amazon.co.jp/眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用-ジョセフ・マーフィー/dp/4382050170)

「眠りながら成功する」の著者であるジョセフ・マーフィーは1900年代にアメリカでおもに牧師として活動し、数々の著作や講演を通して自己啓発の根底にある「ポジティブ・シンキング」の考え方や「潜在意識の法則」を伝えていった人物です。人が持つ潜在意識を利用することで、人々を幸せや成功に導くという方法を提唱しており、そのなかから「眠りながら成功する」の名著が生まれました。

ジョセフ・マーフィーの考え方を学ぶ最大のメリットは、自分の可能性に対する制限が外れることです。人間は目標があっても過去の延長で考えてしまい、「自分には到底達成できない目標だから、挑戦するのは諦めよう」と思ってしまいます。ジョセフ・マーフィーの唱える方法を実践すれば考え方の制限が外れ、最初の一歩を踏み出せるかもしれないのです。

「眠りながら成功する」では、普段なにげなく使っている言葉が潜在意識に大きな影響を与えると諭し、ポジティブな言葉を常に自分に投げ続けることで潜在意識が目標を叶える方向に導いてくれると解説しています。私の中でこの本の名言と言えば「あなたの成功や目標達成を邪魔するのは、あなた自身の考えや心で思っていること」という言葉です。やりたいことを諦め、人生を棒に振る前に読むことをおすすめします。

管理人が学んだ成功法則はこちら>>

眠りながら成功するを読んだ方の感想

具体的な夢や目標に向かって行動を始めている人は、具体的に成果をあげるための自己啓発本を読んだ方が良いと思いますが、漠然とした願望を持っているような私にとっては読みやすい本です。寝る前の静かな時間に心を落ち着かせて願いを想像するというのを毎日実践。

自分では気づいていない潜在意識に働きかければ自分に必要な物が得られるというシンプルな考え方で、人生が前向きに進むようになった気がしています。似たような本もたくさんありますが、今まで読んだ中で一番分かりやすい本でした。

潜在意識については科学的根拠がありませんが、信じるかどうかは別として信念を持つことは大切だと思いました。良い人生を送るためのマネジメントとしては最適な手段だと実感。

潜在意識に強く思いを投げかければ人の行動も変わります。引き寄せの法則はこの本が原典だと思えるような良書です。読んで損はありません。

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.