MENU
成功法則をつかむまで » 私が調べた成功を収めるための法則 » 幸せの法則

幸せの法則

さまざまな場面で実践できる、幸せになるための方法を「幸せの法則」としてまとめてみました。

幸運は自分で掴める!幸せの法則とは

幸運な人は、なぜ幸運なのでしょうか?答えは実にシンプル。幸運な人は、自分で幸運を掴んでいるのです。では、彼らはどうやって幸せを手に入れているのでしょうか。人は、生活のさまざまな場面で幸せになるための方法を実践することができます。たくさんある幸せになるための方法の中から、日々実践できる共通項を集めてみました。

幸運を呼び込む6つの方法

幸せの法則で幸運を呼び込むためには、日々6つのポイントに気をつけることが大切です。

人に優しく接すること

人に接するときに、いつでも優しい態度でいられますか?冷たい態度でいる人には、幸せはやってきません。優しい態度でいる人には、誰もが優しく接します。お互いに思いやりをもって楽しく過ごせる人にこそ、幸運はやってくるのです。美しい人間関係を築けるあなたに、もう幸福は訪れています。

やるべきことはすぐにやる

今するべきことを、今やることで幸運を招きます。明日でいいことも、できるだけ早く行動しましょう。迅速に行動できる人は、まわりからの信頼を得ることができます。誰からも頼りにされる人は、幸運を招くことができるのです。とりわけ期限のあるものは、必ず時間を守りましょう。時間や期限を守る人は、人から信頼されます。期限を守らず人から信頼されない人からは、幸福は逃げていくのです。

相手の話を聞く

ついついやってしまいがちなことが、自分の話ばかりして相手の話を聞かずにいること。相手の話を聞くことは相手の心を軽く、そして明るくすることができます。明るい心からは、良い感情が生まれるのです。こうしてたくさんの人と良い関係をつくることが、幸運のタネになります。

楽しいこと、良かったことを日記に書く

日記には、嫌なことや愚痴を書くのはオススメしません。日記に負のオーラがたまり、やがて行動にも広まるためです。どんな些細なことでも良いので、楽しいことを書きましょう。毎日楽しいことを見つけることができれば、次々に楽しいことや良いことが舞い込むものです。

一日一善を実践する

一日にたった一つだとしても、善いことをするのは案外難しいもの。一日一善を続けることができる人は、誰から見ても優しく、善い人に見えるのです。善き人には、周りが幸せを与えてくれます。幸せを得るためには、人に幸せを与える一善が大切なのです。

休養を取る

「自分は寝なくても大丈夫だ」と言う人がいます。しかし、体は正直なもので、口ではそう言っていても気づかないうちに影響が出ているもの。幸運は、健康で幸せそうな人のところに集まってきます。しっかり休養を取り、健康を保つことが幸運を招くのです。

人に幸せを与える、良い関係を築く

幸せの法則の発動に必要なのは、まずは人と良い関係を築くこと、人に幸福を与えることです。それらによって自分が幸せになるとより一層あなた自身が輝き、幸せに見えます。すると、あなたはさらにたくさんの幸福を人に与えることができるのです。

まわりを巻き込んで、共に幸せになっていくこと。これが幸せの法則の真髄です。幸せを独り占めにしようと思わず、幸せだからこそ人に幸せを与えましょう。ずっと幸せな人は、これを実践しているのです。

日本人が西洋の法則を実践するには?

ここで紹介した幸せの法則は、西洋から紹介されたものが多く含まれます。この法則は、メンタリティが重要です。しかし、西洋と日本では精神的なあり方が全く異なります。そんな中で、西洋の法則をそのまま適用しようとしても、うまくいかない部分があるのは当たり前のことではないでしょうか。

大切なのは、この幸せの法則の優れた部分を取り入れつつ、東洋特有のメンタリティにマッチするような法則を上書きすること。そこで、和と洋の優れた部分を取り入れた法則について調べてみることにしました。その結果をご紹介しているので、ぜひみなさんにも知っていただけたらと思います。

幸せの法則だけでは効果は出ない?和と洋のいいとこ取りの、幸運を手に入れる法則とは?>>

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.