MENU
成功法則をつかむまで » 私が影響を受けた人物 » デール・カーネギー

デール・カーネギー

私が影響を受けた人物の一人、デール・カーネギーの成功法則について解説しています。

あらゆる人々に信頼されることで成功を手に入れる、デール・カーネギーの成功法則

デール・カーネギーはアメリカの作家であり教師です。自己啓発やセールスのスキルアップコースの開発者でもあります。1936年に発表された著作『人を動かす』は、今でも対人コミュニケーションスキルを手に入れるためのバイブルです。

デール・カーネギーの思想・哲学

デール・カーネギーの思想は、他の人物に比べるとより具体的なところがあります。他人に対する自分のあり方を変えることで、他人を変えることができる。他人とのコミュニケーションをコントロールし、人から信頼されることが、人生の成功につながるのだ、という思想です。

社会の中で生きる私たちにとって、人生の満足度の大部分は他者との人間関係によって決まるところがあります。他人とどれだけうまくやっていくかが、人生の全てだと言ってもいいでしょう。

これまでに生まれた人生の成功者たち、偉人たちは誰もがよき理解者や協力者を持っていました。つまり、成功を勝ち取るためには成功に手を貸してくれる人物が必要だということです。そのため「人を動かす」スキルが重要になってきます。

デール・カーネギーの成功法則

カーネギー氏は『人を動かす』でいくつかの原則を紹介しています。その中でも、成功のために必要なのは「人に好かれる六原則」ではないでしょうか。

  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔で接する
  3. 名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない
  4. 聞き手にまわる
  5. 相手の関心を見抜いて話題にする
  6. 重要感を与える

この6つの大原則を守っていれば、他人はあなたに好意を持ってくれるはずです。あなたが誰かの力を必要とするとき、きっと手を貸してくれる人が現れるはず。人間関係が良好なら、成功へのステップを踏み出したも同然です。

私が参考にしたのはココ!

カーネギーの思想から参考にすべきなのは、やはり「人に好かれる六原則」だと思います。他にも「人を変える九原則」や「人を動かす三原則」などがありますが、人に好かれることが最初の一歩ではないでしょうか。

一見当たり前のことですが、できてないところもたくさんあります。常に胸に刻んでおきたい法則です。

しかし、カーネギーの思想は、やはり西洋文化に基礎があるように思います。日本に、東洋に生きる私たちにとっては完璧にフィットするものではないです。

私たち日本人には、日本人に合った成功法則が必要です。それを教え、広めている人についに出会うことができました。皆さんにも、日本人に適した成功法則を学ぶ場を知っていただけたら、と思っています。学びの場について解説していますので、ぜひご一読ください。

デール・カーネギーの成功法則以外の成功法則とは?>>

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.