MENU
成功法則をつかむまで » 私が影響を受けた人物 » ジョセフ・マーフィー

ジョセフ・マーフィー

私が影響を受けた人物の一人、ジョセフ・マーフィーの成功法則について解説しています。

潜在意識が成功へと導く!ジョセフ・マーフィーの成功法則

ジョセフ・マーフィーは、「潜在意識の法則」を提唱した著述家であり、牧師としても活動した宗教者。マーフィーの法則として知られる成功法則は、今なお色褪せずに多くの人々の道しるべとなっています。

ジョセフ・マーフィーの思想・哲学

ジョセフ・マーフィーは、青年時代に悪性腫瘍を患いました。治療が難しい病気を、彼は心理的療法によって完治させたのです。これが、彼の興味を潜在意識へと向けさせたきっかけでした。

キリスト教の中でも、気持ちの持ちよう、考え方によって自分の運命を切り開き、思うような現実を引き寄せることができると考える「ニューソート派」に属していた、ジョセフ・マーフィー。ロサンゼルスの教会で28年間にわたって牧師を務め、この考えを説き続けていたのです。

ジョセフ・マーフィーは楽天家の人生が楽しくて、悲観主義者の人生が暗いのは当然だと言います。それぞれが明るい、あるいは暗い人生を望んでいるからだ、と考えるのです。人生が楽しいから楽天家になるのではなく、人生が楽しいと思うから楽しくなる。考え方が潜在意識へとはたらきかけ、人生を変えていくとマーフィーは言います。考え方ひとつで、人生は明るくなり、成功を収めることができるのです。

ジョセフ・マーフィーの成功法則

マーフィーは、潜在意識を活用すること成功の鍵としています。良いことを思えば良いことが起きる。悪いことを思えば悪いことが起きる。このシンプルな法則こそが、潜在意識の法則だとマーフィーは言います。

奇跡や超能力といったものでさえ、マーフィーにとっては潜在意識の具現化でしかないのです。

注意したいのは、潜在意識で人生をコントロールするには顕在意識で自分自身をコントロールすること。潜在意識でなく、自律して自己管理ができることが必要です。自己管理ができる人が潜在意識を活用することで、初めて成功が訪れるというのがマーフィーの成功法則のポイントとなります。

私が参考にしたのはココ!

よくマーフィーの法則について語られることはありますが、潜在意識の前に顕在意識での自己コントロールが必要だということはあまり言われません。ただイメージするだけでなく、日常的な生活の段階で自分を律する心がけが必要だということです。

牧師として質素な生活を貫いたマーフィーならではの、説得力のあるメッセージだと思います。自律できる能力を持つ人が潜在意識を味方につければ、その人の能力は最大限に発揮されるのでしょう。

マーフィーの考えには影響を受けましたが、彼の思想のベースにはキリスト教があります。どうしても、日本人である私には少しだけ違和感があるのは否めません。そこで私が学び始めたのは、和の伝統を取り入れた成功法則。

日本人に合う和と洋のいいとこ取りの成功法則こそ、私に必要なのだと思います。それを学べるコミュニティをご紹介しているので、ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

ジョセフ・マーフィー以外に影響を受けた優れた成功法則が学べる場所とは?>>

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.