MENU
成功法則をつかむまで » 私が影響を受けた人物 » 七沢賢治

七沢賢治

私が影響を受けた人物の一人、七沢賢治の成功法則を解説しています。

言霊の力で成功する!七沢賢治の成功法則とは

七沢賢治博士は、株式会社七沢研究所、株式会社ロゴストロン研究所の代表取締役社長です。言霊の力を分析した七沢博士の思想は『言霊はこうして実現する』という書籍で語られています。日本語を使うことによって身についている思考の枠組みについて分析した著作「なぜ、日本人はうまくいくのか?」も代表的な作品です。
七沢研究所の見解としては、量子力学へと転換した現代科学を理解する鍵は東洋思想にあるとのこと。西洋の科学と東洋の哲学の融合により、「意識」の何たるかが明らかになるという主張をベースに、研究を展開しています。

七沢賢治の思想・哲学

日本語の持つスピリチュアルな要素を、科学的に分析し直しているのが七沢博士の研究の中核にあります。「言霊」というと、非科学的でスピリチュアルなものを想像される方も多いでしょう。しかし、博士の思想は日本語の一音一音がどんな力を持っているのか、科学的な根拠をもとにして、周波数レベルでの解読を行なっています。

したがって、七沢博士にとって言霊は単なる迷信などではなく、現実の出来事を引き起こす力のあるものなのです。東洋の神秘をもってスピリチュアリズムを語るのではなく、東洋の文化をベースにした、西洋でもなく古来の東洋でもない、第三の道を切り開こうとするのが七沢博士の思想と言えます。

七沢賢治の成功法則

七沢賢治博士の成功法則は、日本古来の日本語による言霊の力を引き出すポイントです。祓詞によって、人の意識は一度まっさらにすることができます(これを「ゼロ・ポイント・フィールド」と呼びます)。ここから、言霊の力で現実を創造するのです。

言霊で現実を創造する方法として「構文の五階層」が提唱されています。これは、5つのステップで現実を認識する文章を構築し、声に出して読むことで現実が創造されていくというものです。

  1. 一人称構文: 自分の置かれている状況に対する心情
  2. 他人小構文: 問題に関係する、相手の心情
  3. 複合一人称構文: 一人称構文で見つめた自分の心情に対する、客観的に見た心情
  4. 優先構文: ここまで見つめてきた自分の状況について、どう行動するべきか考える
  5. 自在構文: ここまでの理解をもとに、人生とは何か、人間とはどんな存在なのかを文章にする

5つのステップに従って作られた文章を読み上げることで、自分をあるべき姿へと創造することができるのです。ポジティヴな面だけに着目したアファメーションとは違い、ネガティヴな状況も含めて客観視するこの方法こそが、問題解決へと進むために必要だとされています。

私が参考にしたのはココ!

七沢賢治博士の思想はスピリチュアルなものなのかと思ったら、「構文の五階層」は非常に論理的で、自分の認識を180度転換させるものでした。これを利用して、あるべき自分の姿を見つけ出し、またあるべき自分を創造していくことができると考えています。

七沢博士の業績のように、日本の伝統を西洋の成功法則と融合させて、日本人の性質や文化に合うように作られた成功法則こそ私たちに効果があるはずです。自由自在に自分が成功できる世界を創り出せる東洋式の成功法則を学ぶことが、成功への近道ではないでしょうか。
私は、和と洋の成功法則をまとめ上げ、それを学ぶことができるサイトを利用しています。みなさまにもぜひそれを知っていただきたいと思い、このサイトでご紹介してます。ぜひこちらの情報もご利用ください。

七沢賢治の成功法則にも通じる和と洋の成功法則を融合させたものとは?>>

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.