MENU
成功法則をつかむまで » 私が影響を受けた人物 » ウォレス・ワトルズ

ウォレス・ワトルズ

引き寄せの法則を最初に提唱したことで知られる、ウォレス・ワトルズ。私も参考にした、ウォレス・ワトルズの成功法則についてご紹介したいと思います。

引き寄せの法則で知られる、ウォレス・ワトルズの思想

成功法則の元祖として、現在でも多くの人が実践している「引き寄せの法則」。これを著作として残したのが、ウォレス・ワトルズです。アメリカの作家であり思想家であるウォレス・ワトルズは、もともと社会主義者で、「ニューソート」と呼ばれるキリスト教の一つの潮流を代表する人物でした。ニューソートの「思考は現実になる」という発想は、様々な成功法則の源流とされています。

ウォレス・ワトルズの思想・哲学

彼の名著「The science of Getting Rich」は、100年以上前の著作。しかし、今でもこの書を学び成功する人物は後を絶ちません。ナイチンゲール、ダイアナ妃、ビル・クリントン元大統領なども、この本の影響を強く受けたとされています。

この本が説く成功のための原則とは、願望に対して明確なイメージと確信、そして感謝を持つこと。これによって、宇宙がそれを届けてくれるということです。宇宙が届けてくれるものを受け取るには、5つの要素が必要だと彼は説きます。

5つの要素に基づく行動によって、宇宙からの贈り物を受け取ることができます。

ウォレス・ワトルズの成功法則

私なりにウォレス・ワトルズが記した引き寄せの法則をまとめてみました。

望んでいることを明確にし、それが実現したイメージを自分に刻み込むように思い続けること。実現したイメージや信念を曇らせるものは、すべてシャットアウトしなければなりません。必ずイメージを実現するという決意を持ち続けることが大切になります。引き寄せたものを手に入れるには、行動しなければならないのです。

そのままでは解釈の難しい部分もありますが、何より大切なのは成功のイメージを強く持つこと。そしてそれが濁ったり消えてしまったりしないように、強く持ち続けることです。これはあらゆる成功法則のもとになっています。

私が参考にしたのはココ!

もともと貧しい家に生まれたウォレス・ワトルズは、何もない状況で多くの哲学や宗教を研究し尽くし、引き寄せの法則を残しました。そんな彼が「誰でも豊かになる権利がある」と説くのは、励まされ、また背中を押されるような思いになります。未だに色あせない彼の著作は、成功の大原則として頭に入れておきたいところですね。

しかし一方で、現代社会においてはウォレス・ワトルズの思想が通用しない面ももちろんあります。我々に必要なのは、アップデートされた成功法則ではないでしょうか?

アップデートされた成功法則を探し続けて見つけ出したのが、和と洋の成功法則のミックスです。和と洋の成功法則のミックスを学び、成功へと歩みを進めているのが今の私です。西洋と東洋の成功法則を日本人に合うように上書きしたものを、ともに学ぶこともできます。成功法則の源流とともに、最新のものも参照してみるとよいでしょう。

ウォレス・ワトルズの思想をアップデートした和と洋の成功法則学ぶ場とは?>>

Copyright (C) 成功法則をつかむまで~引き寄せの体験記~ All Rights Reserved.